手術室看護師の転職 - 失敗しないための「傾向と対策」

30代の手術室看護師の転職について

1.30代は採用されるケースが高い

仕事もプライベートもある程度の経験を積んできた30代。そのため、転職にも有利だと言われています。その理由としては、様々な事を経験しているため、コミュニケーション能力も高くなり、年下・年上とのつきあいかたも手慣れた年代であるということです。
オペ室看護師の転職・求人サイトは複数チェック!

その他、医療従事者として6年以上の経験を持った方が多く、一から教育をせずに済むということ。つまり、即戦力として働いてもらうことができるということなのです。

2.体力面・柔軟度も20代に近い

20代に比べれば体力は落ちるかもしれません。しかし40代とは違います。まだまだ20代に近いと言える位置にあり、それプラス、経験を積んである程度のスキルを身につけていること、対人トラブルも少ないというのが最大のメリットのようです。

逆に言えば、その年代でコミュニケーション能力が低い、暗い、という素質を持たれた方は採用されにくいという事実もあるようです。人間としての精神形成ができつつある世代と言っても過言ではありませんから。

また、少しばかりのブランクがあっても社会経験・対人経験などで明るい方なら採用される確率も高いといいます。

3.30代なりのデメリット

この年代だと結婚出産を経験されている方も多く、子育て中だと交代勤務が難しくなることもあります。また、同じ科で働いていた場合、専門性が高く、その他の診療科では求められないことや一般のクリニックでの採用が難しいこともあるようです。ただ、同じ科に空きがあれば即戦力となるためメリットとなります。

4.30代・目的別の看護師転職

家庭をお持ちなら夜勤のない「クリニック」や「デイサービス」、「CRC」などがお勧めです。バリバリ働いてスキルも磨きたいという方なら「大学病院」や「総合病院」がいいでしょう。

国立・県立、あるいは医療法人など転勤の可能性が高い場合、家族を持つ方にはある程度の覚悟が必要となります。独身、あるいはご家族の理解があれば転勤も可能ではないかと思います。出世を狙うという方にはお勧めかもしれません。

転職を失敗させないために

1.目的を持つことで失敗が防げる

看護師の転職では、目的を持つことだと思います。細かな条件も欲しいところですが、目的を持つことでクリアできる部分もあるでしょうし、大きく逸れないことで多少の我慢をすることも可能です。

看護師資格を持ってるけど現場には向いてないかも、というときでも資格を活かしながらビジネススタイルで働くこともできるのです。

2.目的がまだ定まってない場合

人間関係などの悩みであったり、務めている医療機関の方針が合わない、またはなんとなく転職したいと思うなら、とりあえず大きな病院などを考えてみましょう。福利厚生がしっかりしていますし、入職したあとの配置転換希望が出せるというメリットも有ります。それによって転職を繰り返すことが防げます。

3.プライベート重視

プライベートを重視したいのなら、夜勤なし、または土日祝日休みのクリニックなどがお勧めです。病床がないことで夜勤の可能性はゼロと言えます。

4.とにかく稼ぎたい

収入重視というのなら、夜勤専属で働くか、派遣看護師になるのもひとつの手と言っていいでしょう。派遣の場合、細かな条件設定で働ける可能性があります。デメリットは期間が切れると次の派遣先が決まるまでの空きがでるということです。

5.スキルアップしたい

看護師としてのスキルを磨き続けたいのなら、大きな医療機関がお勧めです。プライベートな時間も少なくなるでしょうが、スキルを磨くにはかなり有利と言えます。

6.看護向きではない

看護師になってみたけれど、現場向きではない。そう感じる方もいることでしょう。資格を活かしながらビジネススタイルで働きたいのなら、CRCや検診センターに入職するのも手かと思います。特にCRCの場合は、スーツに身を包んで働くことができます。

7.医療施設外で働きたい

病院以外で働きたいという希望があるなら、地域医療を考えてみてはいかがでしょう? ケアマネージャーの資格を取得すると転職先もさらに多くなります。訪問看護ステーションで働く場合には、自宅の近くでということだって可能です。